独立開業の夢ベストライフを求めて

独立開業の夢ベストライフを求めて

事業を始めたら地元商工会への加盟

個人事業開業して是非最初におきたいい事が、地元商工会への加盟だ。

商工会は、地元の事業主が集まって事業の発展や地域の発展のために総合的な活動を

する団体の事だ。

また、国や自治体の経営改善普及事業である小規模企業施策の実施機関でもあり、個人事業開業の創業資金や業務改善のための融資相談を行ってくれたりする。

 

また、個人事業主にはありがたい、青色申告を目指した確定申告の相談会等もおこなっており、

事業を始めて最初の確定申告でわからない場合などはぜひ相談にのって貰おう。

 

他にも他の事業主と交流を図れる親睦会や健康診断など、さまざまな催しを行っており、料金も個人事業主であれば年会費も10000円程度で済む。

 

資金面や融資制度を利用するには商工会の推薦が必須な機関もあるので、是非加盟しておきたいところだ。

事業資金

事業資金は自己資金だけで賄えればそれに越したことはありませんが、万が一資金がショートしてしまっても、即日キャッシングできるようなことはありません。

 

カードローンタイプでもビジネスローンの即日融資は困難で、早くて即日審査、翌日融資です。

 

今必要なくても万一に備えて、ビジネスの資金をいつでも借りられる用意をしておいた方が安心です。

 

つなぎ融資的にも使えるように、金利が少しぐらい高くてもいいので、ビジネスローンカードを1つは持っておくべきでしょう。

 

信販会社、銀行、専門業者などには個人事業主でも作れるビジネスローンカードがあります。

 

作っておけば、いつでもATM等からキャッシングでき、持っているだけで使わなければ何のコストもかかりません。

 

ただし長期に使う資金や開業資金は、もっと金利が安い公的機関から資金調達すべきなのであくまで短期的に借りる、急に必要になったときにすぐ借りられるという目的のための資金の事です。

再就職をあきらめて独立、個人事業でビジネスを始めること

個人事業開業と言っても、業種は様々なものがあり、いろいろな業種で活躍している

人たちがいる。

個人事業とは、税務署に個人事業開業の申請書を1枚提出してしまえば、

誰でも簡単に個人事業主になれるのも大きな要因ではないだろうか。

しかし、そこからきちんとした利益をもたらすまでにするには、それなりの準備、資金、

計画が必要で、実店舗を持って商品を販売するのとは全く畑が違うと考えていいだろう。

実店舗に比べれば、開始資金が低予算で済むネットショップの開業となるとライバルも多く、

その中で自分のショップから購入して貰うには、それなりに努力が必要になる。

ネットショップの開業をするきっかけは様々で、再就職しようとしたが次の仕事が見つからずに

手っ取り早く独立してしまった人、代理店の契約を結んで商品を売っている人、

フランチャイズに加盟し、販売のノウハウを学びながら行っている人など、さまざまだ。

始めるのに敷居の低い業種は、ライバルも多い。

自分なりの個性とオリジナリティを出していかないと、ずっと閑古鳥が鳴いた状態だろう。


ホーム RSS購読 サイトマップ